我流の筋トレはお控えを!

失敗談ですが、自分は筋トレがつい我流になってしまいがちです。最初は童画サイトなどできちんと動作を確認するのですが、「毎日」とか「週に〜回」など繰り返していくにつれてめんどくさくなり、確認を怠ってしまうのです。

鍛神

2週間くらいで我流になってしまいます。これで痛い目に遭いました。まず両足スクワットで膝を壊し、ポキポキと変な音がするようになってしまいました。色々調べてまずいなと思い、しばらく膝の安静を心がけつつ両足スクワットはやめました。それが治った頃、またやってしまいました。今度は腹筋の変なやり方が原因と思われる急性の腰痛を発症しました。

ギックリ的な感じで特定の場所(脊椎の脇)がミシミシっと痛み、前傾姿勢も取れず仰向けで寝ることもままならず、特に朝起床してしばらくは動くにも一苦労でした。幸い、塗るタイプの湿布剤と安静で、約3日で改善してきました。

まだ鈍痛が残りますが、確実に快方に向かっています。それで、筋トレが好きでしかも頻度を多く行う皆さんに、痛い思いをしたわたしからぜひお願いです。必ず、動作を動画などで定期的に確認してくださいっ。特に腰や膝は大事な関節で、運動で過度に使用することで故障しやすいですが、筋トレでは酷使することもあるので、回数にもお気をつけて取り組まれてください。

ケトジェニックダイエット

私はよくケトジェニックダイエットというダイエットを行います。ケトジェニックダイエットとは、脂質をメインに食事を摂取するダイエットです。人間は主に糖質からエネルギーを作っています。

鍛神(きたしん)を辛口評価!人気HMBサプリの効果と私の口コミ!

ケトジェニックダイエットでは、食事で摂取する三大栄養素の割合を炭水化物:脂質:タンパク質=1:6:3にすることで、普段糖質からエネルギーを作っているエネルギー回路を、脂肪を使ったエネルギー回路に変え、より効率的に脂質をエネルギーとして利用することができます。

私はいつも太ってきたと感じたら、ケトジェニックダイエットを1ヶ月間行います。個人差はありますが、1ヶ月間で4kg体重が落ちます。私がケトジェニックダイエットを実施(おすすめ)する理由は、ダイエットの天敵である食べれない事によるストレスが低いからです。私は脂身のある肉が好きなのですが、ケトジェニックダイエット以上の多くのダイエット方法では脂質の摂取を極端に制限しなくてはなりません。一方で、ケトジェニックダイエットは炭水化物摂取の制限はあるものの、脂質の制限はなく、むしろ意識して多めに摂取するような形になるので、私には非常にあっていると感じています。

逆に、デメリットは食費がいつも以上にかさんでしまう点です。食事は肉を中心に摂取するので、お米やパンなど比較的安価に手に入る炭水化物を主食とするよりも出費が大きいです。しかし、1ヶ月間のダイエット効果を考えると、我慢して取り組む価値はあると思います。皆さんも是非お試しください。

スタイルアップのために

こんにちは。鍛神(きたしん)の悪い口コミや悪評を徹底検証!効果なしで効かないの?
20代主婦です。

今回は以前私が行っていた筋トレの話をしようと思います。だいたい中学~高校生くらいのころのお話でしょうか。

きっかけは、ズバリダイエットです。

当時お年頃だった私。周りの目も気にしがちだったもので、外見ばかりを気にしていました。もともとぽっちゃりしていたもので、周りの子はあんなに足が細いのに!や、もっとくびれが欲しい!といった気持ちが強かったのです。ネットで検索をかけ、寝る前にできる手ごろな筋トレをやってみることにしました。なんでも、筋肉を一度付けてしまえば、代謝が上がって自然に痩せやすい体質になるとのこと。痩せやすい体質・・・なんという魔法の言葉!!早速調べたトレーニング法を実践してみることにしました。メニューとしては、腹筋100回、空中自転車こぎ、体幹、腕立て伏せ、腿上げ等、ありとあらゆるところを広く浅く鍛えておりました。もうとにかく全体的に小さくなりたい、華奢だねって言われたい一心だったのでしょう笑

しかし、一度にいろいろやりすぎたのでしょう。すぐに面倒くさくなってしまいました・・・。筋トレって、毎日コツコツと少しずつ取り組むものですが、早く結果が出てほしくてメニュー内容や回数を増やしすぎてしまったのですね。

筋トレは続けなければ意味がありません!気を付けましょう!笑

目的別の筋トレと食事法について

週3?4回程ジムに通い、主に筋肉を強くするための筋トレを行っています。悪評ばっかり?鍛神を購入して飲んだ効果と口コミを辛口評価でお届け!

メニューは「上半身」「下半身」「背中」の3つに分け、順番に回しています。

「上半身」の日は、ベンチプレスをメインに、チェストプレス、チェストフライなど。

「下半身」の日は、スクワットをメインに、レッグプレス、レッグカールなど。

「背中」の日は、デッドリフトをメインに、ラットプルダウン、ロウイングなど。

ビッグ3のフリーウェイトは5レップ×5セット、その他は10レップ×3セットです。

体重を調整する為に、時々スタジオレッスンなどで有酸素運動も行います。

食事制限は特に行っていませんが、トレーニングの30分?1時間前に、おにぎりなどの炭水化物を摂取すると力を出しやすくなります。

特に、筋トレをメインに行う場合は、質の良い糖質摂取は欠かせません。

タンパク質の不足を補う為にプロテインを飲むこともありますが、そこまで重要視はしていません。

私はある競技の選手なので、上記のようなトレーニングを行っていますが、スリムな体型を目指すのであれば、重量は軽めで回数を多くすると効果的です。

あと、身体を引き締めるのには筋トレや有酸素運動が良いですが、体脂肪を落とすには、結局は食事のコントロールが一番重要です。

短期間にどうしても体重を落とさないといけないのであれば、炭水化物と脂肪と塩分を控えれば、一気に落とすことができます。

しかし、健康的な痩せ方ではないので、程よく運動して、健康的な食事(昔からある日本の和食のようなメニューが理想)を摂ることが、健康的で美しくやせる最適な方法だと思います。