場所を考えつつも大声で叫ぶ

私のストレス解消法は、ずばり「大声で叫ぶこと」です。http://caladriusnetwork.org/

と言っても、変な人と思われないように、誰にも聞こえない所で、大声を出すようにしています。

これは、自律神経失調症の治療を行う医院でも推奨されているストレス発散法ですので、医学的にも証明されている方法です。

大声を出すというのはお腹の底から声を出すということですが、この時に横隔膜も動き、このことが自律神経に刺激を与えることで、交感神経と副交感神経の切り替えをスムーズに行うことができるようになるそうです。

この様に、大声を出すということは、ストレスから自律神経失調症へとつながってしまう原因の一つであることを改善し自律神経の安定化を図るようになるという、非常に医学的根拠に基づいたものとなっているのです。

私的には、アーティストのライブ、サッカー観戦、バスケットボール観戦といった自然と大きな声が出る場所に出向いてストレス発散もしていますが、そうではないときでも、お風呂の中で大声を出すようにしているのです。

本来であれば部屋で大声を出したいのですが、周りに聞こえると怪しまれてしまいますので、そこは注意しつつも思いっきり声を出せる環境では大声を出し、ストレス発散をしています。