高校時代本気のダイエット

高校でスポーツ校に進学し、部活では週1~2回の体重測定がありました。「今の体重ではやばい!」と思い、キツい練習が終わった後に、部活の友人と毎日5キロほど走っていました。遠距離通学だったため帰りも遅く、夜ご飯は豆腐スープだけ。おかげで体重はどんどん減り、体脂肪率も1桁になりそうでした(笑)

履いたら痩せる?グラマラスパッツのむくみケア効果と私の口コミ評価!

今はこんなダイエットをしようとは思いませんが、高校時代に夜遅くに食事をしないこと、その代わりに朝ご飯をしっかり食べる習慣が身に付いたことは大きかったです。

また、体重を測ることもダイエットが続く大きなポイントだと思います 。私は走り終わったあとだったり、1番減っているなって思った時にすぐ体重計に乗って毎回減ったことを目で見るようにしていました。

あとは、同じ目的の友人がいることも大きな励みになると思います!ダイエットは減らすことより続けることがなりより難しいと思うので、モチベーションを保てるような工夫は絶対必要です。

今は、高校時代のような無茶なダイエットはしていませんが、最寄り駅の1個前で降りて歩いて帰ったり、スマートフォンのロックナンバーを目標体重にしたり、運動する機会を作ることを特に意識して生活をしています。